虫歯ステーション

永久歯についてエントリー一覧

乳歯の虫歯は習慣改善を

乳歯とは、大人の歯があらわれる前にある歯。どのような人も歯と共に人生を歩みますが、乳歯は抜けてしまうので大切に思わない人もいるかもしれません。生え替わる時期は人によって違ってきます。多くの場合、5歳半の時期に起こりはじめると考えておきましょう。乳歯のうち第一に生え変わりが起こるのは前歯であるとされて...

続きを読む

子供に永久歯の大切さを教えよう

多くの子供は歯磨きが苦手なので、虫歯にならないようにするのは親の役目だと考え、こまめに歯のコンディションを見てあげるようにしましょう。歯がぐらぐらと不安定になっているのをおもしろいと思ってしまう子もかなりいるようです。様々な方向に動かし、抜いてしまう子供もいます。当たり前のことながら、乳歯でしたらそ...

続きを読む

永久歯が生えてこなくても焦らない

子供の歯が生え替わらないことに悩む親は多いです。とりあえず、生え変わり出すタイミングに関しては人それぞれ違うことをわかっておきましょう。平均的には5歳半くらいから生え変わるという人が多いですが、個人差があるので周囲の子供に比べて遅かったとしても焦る必要はありません。また、乳歯を抜くタイミングが早けれ...

続きを読む

永久歯に生え替わらない原因

通常、大人の歯は乳歯が抜けたあと勝手に生えてきます。でも、最初から永久歯が欠如していて、生えてこないこともあります。こういった場合、乳歯が通常に比べて長持ちすると言われています。しかしながら、乳歯とはやがて抜ける運命を辿る歯なわけですから、生まれつき欠如した歯の代わりに乳歯を使うことはできません。は...

続きを読む

乳歯の抜ける順番

子供が5歳に近づいてきたら、歯の生え変わりがどういうものなのかを知らせてあげましょう。歯に異常をきたすと、幼い子供でも気になります。歯がぐらぐらしていることを恥ずかしいことだと思ってしまい、親に言わない子供もいるようです。このため、正確な内容を話しておくことが必要となります。乳歯が抜けていく順番につ...

続きを読む

大人の歯が抜けてしまったら

大人の歯というものは、乳歯と一緒ではなく生涯かけて使う歯になりますので、大事に扱っていかなければなりません。けれでも、大切に扱っていても何かの理由で抜けてしまう恐れもあるでしょう。病院で多く相談されているものは、「転んで顔を打った拍子に抜けた」「人に殴られた際に抜けた」というようなことです。このよう...

続きを読む

意外と知らない歯の名前

永久歯がどれくらいあるかというと、親知らずを含め32本と言われています。親知らずが生えないケースもあるので、30本に達しないということもあります。巷で「前歯」と捉えられているのは、正しい名前は「中切歯(ちゅうせっし)」です。この隣に生えているのが「側切歯(そくせっし)」とされます。その隣にある糸切り...

続きを読む

いつまでも自分の歯を保つために

歯を失う代表的な原因は虫歯です。初期段階であれば、治療により永久歯を守ることは可能です。しかしながら、症状が相当に悪くなり、多くの歯が残っていないとなると、抜くことになってしまいます。このような状態になると、高齢となってからが辛くなります。できれば、生涯を終えるまで自分の歯で食事を行いたいものですよ...

続きを読む

入れ歯になりたくないなら歯周病にも注意

歳を取っていくと永久歯が抜けてなくなる人も多数います。80歳以上の歳になると、自分の歯は5本程度しかないという人も多数いるのです。そのようなことになると、食事をするのも厳しくなります。日常的に注意して永久歯を維持していくことが必要となります。虫歯を事前に防止することの大切さは、数多くの人がわかってい...

続きを読む

歯が曲がって生えてくる?乳歯の虫歯に注意

歯というのは、歯茎からまっすぐ生えてくるものですが、曲がった形で生えてしまうことがあります。こうした事態を招いてしまう要因とされているのが虫歯です。早い段階で虫歯が見つかれば治療が可能ですが、治療を施しても意味がないほど状態が悪化してしまうと、抜歯するしかなくなります。しかしながら、直後に永久歯が生...

続きを読む