虫歯ステーション

個人差が大きいので心配しないで

子供の歯が生え替わらないことに悩む親は多いです。
とりあえず、生え変わり出すタイミングに関しては人それぞれ違うことをわかっておきましょう。
平均的には5歳半くらいから生え変わるという人が多いですが、個人差があるので周囲の子供に比べて遅かったとしても焦る必要はありません。
また、乳歯を抜くタイミングが早ければ早く生え変わりが行われるのかといえば、そういうことでもないのです。
実のところ、乳歯が抜けるという出来事は自然に沿ったことで、永久歯が生えてくる準備が整ったから抜けるわけです。
そのため、乳歯が抜けていない状態では、永久歯への生え変わりが行われるお膳立てが済んでいないわけです。
にも関わらず、無理矢理乳歯を抜いてしまうと、永久歯が生えそろうまでの期間、歯がないまま生活を送らなくてはいけません。
こうした診断は、当たり前ですが素人ではできません。
逆に、もう生え変わりのお膳立てが済んでいるのに、乳歯が抜けにくくなってしまっている場合もあります。
このような時は、歯茎の中で大人の歯の存在するスペースが足りなくなってしまい、まっすぐに生えてこれなくなることもあります。
現在の歯が、どういった状態なのかということは、歯科医院に連れて行って口内を検査してもらうことで確かめることが可能です。
外見だけでは細かい部分を確かめられないので、不安があるようなら歯科医師に聞いてみましょう。

 

OKwaveとかのQ&Aサイトを見ても、「永久歯が生えてこない」という内容の質問が、割とあるみたいです。