虫歯ステーション

生え替わる順番

子供が5歳に近づいてきたら、歯の生え変わりがどういうものなのかを知らせてあげましょう。
歯に異常をきたすと、幼い子供でも気になります。
歯がぐらぐらしていることを恥ずかしいことだと思ってしまい、親に言わない子供もいるようです。

 

このため、正確な内容を話しておくことが必要となります。
乳歯が抜けていく順番については、乳歯が生えてきた順番とほぼ同じです。
はじめに乳中切歯(前歯)、続いて乳側切歯(前歯の隣の歯)、乳犬歯(糸切り歯)、第一乳臼歯(糸切り歯の隣の歯)、第二乳臼歯(第一乳臼歯の奥の歯)という順序を辿ります。
生え始める時期は第一乳臼歯と第二乳臼歯で変わるものの、抜ける時期は似ています。
全部の乳歯が抜けてしまうまでの平均的な年齢は、5歳半〜12歳に至るまでと言われています。
はじめにも言いましたが、人によって時期は違うので、わずかな誤差は気にかけなくても大丈夫です。
とはいえ、14歳まで生えないままの歯が見られる場合は、大人の歯に何か問題があるかもしれません。
このようなことを調べるのは早いほうが良いので、12歳も終わりになりかける頃から気を配り歯の生え方を確かめておくのが望ましいでしょう。
心配なことがあれば、歯科で相談したほうが安心感が得られます。
大人の歯について、一番あとに生え出す歯に親知らずというのがあります。
親知らずというのは他の永久歯と違い特別生えてこなくてもいい歯です。
どれくらいで生えてくるのかというのも人によりけりなのですが、遅くなる人でしたら30歳頃に生えてくる可能性もあります。

 

知恵袋系のホームページでも、「乳歯が抜けないのに永久歯が生えてきたのです」っていう悩みがあるみたいです。
それにしても、詳しく解説してくれる方がちゃんといるんですね。

 

あとは、こういうサイトとかも見るといいかもしれませんね。

 

年齢別にみた乳歯の萌出率 | 宇都宮市 土沢デンタルクリニック

 

ふむふむ、簡単にこういった知識が手に入る反面、信頼性はまだまだ書籍にはネットは及ばないところではあります。