虫歯ステーション

大人の歯の大切さ

多くの子供は歯磨きが苦手なので、虫歯にならないようにするのは親の役目だと考え、こまめに歯のコンディションを見てあげるようにしましょう。
歯がぐらぐらと不安定になっているのをおもしろいと思ってしまう子もかなりいるようです。
様々な方向に動かし、抜いてしまう子供もいます。
当たり前のことながら、乳歯でしたらそのあとに大人の歯が生えてくるわけですが、大人の歯を抜いてしまえば歯が新しく生えてくるということはありません。
乳歯と大人の歯は違うということを把握できない子供は大勢います。
トラブルが起きないよう永久歯を抜くのは悪いことだと言ってあげましょう。
転んでぶつけてぐらぐらしてしまった歯を乳歯のように捉えて興味本位で抜き取ってしまうかもしれません。

 

噛み合わせなどのトラブルを言い聞かせても、理解することはできないかもしれませんが、永久歯が重要な歯であるということだけは理解させる必要があります。
幼いあいだは、歯の重要性を理解していないので根気よく教えましょう。
歯が痛くなっても、「歯医者は怖いから行きたくない」という子供も珍しくないようです。
虫歯になっていなくても歯医者にはできるだけ小さい頃からちょこちょこ行く習慣をつけましょう。
絵本などを駆使してどうして永久歯が貴重な存在なのか、虫歯を放置しておくとどうなるのかを教えることも重要です。

 

OKwaveとかの質問サイトでも、「子供の乳歯の内側から、永久歯が生えて二列になりそう・・」っていう質問が目に入ります。

 

あとは、こういうサイトとかも見るといいかもしれませんね。

 

乳歯虫歯の永久歯への影響は?:ライオン オンラインショップ

 

うーん、ウェブのこういった知識が間違いが掲載されていないとも限らないので気を付けたいところではあります。