虫歯ステーション

永久歯が生えてこない?

通常、大人の歯は乳歯が抜けたあと勝手に生えてきます。
でも、最初から永久歯が欠如していて、生えてこないこともあります。
こういった場合、乳歯が通常に比べて長持ちすると言われています。
しかしながら、乳歯とはやがて抜ける運命を辿る歯なわけですから、生まれつき欠如した歯の代わりに乳歯を使うことはできません。
はじめからない歯というのは、永久歯を作り出すことを体ができない状態ですから、何をやっても歯が生えてくることはあり得ません。
このため、人工歯を取り入れるなどの対応を取るしかなくなってしまいます。

 

このような先天欠如を疑って歯医者に行っても、そうではなかったケースも多いようです。
もともと欠如しているからではなく、永久歯が生えるための場所がないというケースもあります。
きちんと永久歯の準備はできているのに、付近の歯が生えてくるための場所を取ってしまい、生えてくることができない場合もあるのです。
そのケースは、先天的な原因と異なり、矯正などのやり方で改善できる見込みがあります。
いずれにしても専門家でなければ分からないことなので、歯科医院に頼ることになります。
先天欠如の永久歯なのかどうかは、レントゲン撮影を実施することで確認できます。
問題視すべきなのは、生まれつき欠如しているケースもあることを聞いたこともない人がいることです。
乳歯が抜け落ちたら絶対に永久歯が生えてくるといった認識でいると、治療を始める時期や対策を講じる時期が遅くなります。
それを回避するためにも、虫歯の有無にかかわらず定期的に歯科を訪れ検診を受けるようにしましょう。

 

Q&Aサイトを見ても、「永久歯が生えてこないのですが、過剰歯は抜いた方が...」という疑問があるみたいなんですよね。
情報が必ずしも正しいとは言い切れませんが、やさしく教えてくれるひとがいるものです。

 

こういうサイトを見ると、いい情報が手に入るかも知れませんね。

 

乳歯が生え始める時期

 

そうか…書籍とかで調べなくても、ネットでかなりの情報を得ることができるので、助かります。